ある日の台所

d0062971_1555859.jpg
なんとも珍しいことに、料理には一切縁のない夫がしおやきそばを作ってくれるというではないですか!

最初は『具なし』でいくとのことだったが、それではあまりにも寂しすぎるので、なんとかキャベツと豚バラだけでも加えていただいた。
まずキャベツの切り方で悩む彼 (;´▽`A``
市販のやきそばの袋に書いてある作り方を先に読みこんで予習したという割りに、怪しいぞ。

「あれ?お水は入れなくていいの?」
「そんな炒め方じゃ焦げる!焦げる!」
「こぼしすぎ」
「もうそれぐらいでいいんじゃない?」

とりあえずほっとこうと思ってたけど、あまりの手際の悪さに、横から口も手も出さずにいられない私。
ハイうるさすぎですね(^^;)
こんなとき、グッとガマンして黙って見守れないってのは母親失格?あ、母親じゃなかったか。

でもなんとかできた!かつおぶしの踊る、夫ちゃん特製塩ヤキソバ。
ありがとう(o^∇^o)おいしくてかわいい味がした!
by cinnamon-didier | 2006-06-12 00:09 | 日常のひとこま
<< 注射の日。 ある方との初ディナー@ファンシ... >>